いつも冷蔵庫はぎゅうぎゅう詰め!無駄なスペースをなくそう

冷蔵庫の中他人に見られても平気ですか?実は私も以前は冷蔵庫の中を人に見られるのが嫌で、友人が家に来ているときにはなるべく少しだけ開いて素早く中のものを取り出していました。それくらい乱雑な冷蔵庫の中を見られたくなかったのです。

しかし、冷蔵庫の中は整理整頓していないといろいろな意味で無駄が多くなってしまうことに気が付きました。中のものがわかりにくいと取り出すまでに時間がかかり冷気が逃げてしまいます。また中のものを把握していないと同じものを続けて買ってしまったり、忘れていて腐らせてしまったりするので不経済です。

冷凍庫に至ってはアイスや肉魚類、冷凍食品や残り物などぎゅうぎゅう詰めでです。保冷材まで入れてあるので、これ以上入らないというときには保冷剤を一時的に出して使用しています。詰め込み過ぎの冷蔵庫や冷凍庫をすっきり片づける方法なんてあるのでしょうか。

冷蔵庫の収納といえばまず出てくるのが100均のケースですが、冷蔵庫で使用するものはクリアなものが中身を確認しやすくておすすめです。缶や食材などそれぞれの大きさにあったケースを使用して余分なスペースを取らないようにしましょう。

クリアケースの手前部分に豆腐やおかずなど食材別にラベルを貼っておけば一目で種類や在庫がわかります。またよく使う食材を手前に置くことでスピーディに食材を取り出すことができます。段によって食材の種類を分けるとさらにわかりやすいですね。朝ごはん用のケースなどにバターやマーガリン、ジャムなどを入れておくと朝素早く取り出すことができます。

マヨネーズやケチャップ、からしやわさびなどのチューブ物は立てておくと次に使うときに使いやすいですね。

そして汚れやすく、ごちゃごちゃしやすい野菜室はまず底に新聞紙を敷いて、汚れや水分が垂れるのを防ぎましょう。野菜は新聞紙でくるむと長く保存できるのでビニールなどから出して保存しましょう。また小さめに切ったキュウリやプチトマトなどはタッパーなどに入れて野菜室の上段に並べると取り出しやすいですね。

さて、冷凍庫はさらにハードルが高いです。限られたスペースの中でどれだけ詰め込むことができるかというのが勝負ですがアイスや冷凍食品はかさばりますし、そう簡単にはいきません。基本ですが、肉や魚介類のプラスチックトレーは冷凍庫に入れる前に必ず外しましょう。サランラップなどに包んでできるだけ平たくしてから冷凍する方が回答する際にも楽です。

100円ショップなどで見かける書類を入れる薄いプラスチックのファイルケースにひき肉などをとても薄くして収納するアイデアもあります。ファイルケースを利用すれば肉も立てて収納することができます。

カレーやシチューなどの残り物を冷凍する場合はまずは薄いタッパーにラップを敷き流し込んで冷凍します。固まった後はタッパーから出すことでよりスペースを節約できます。ひじきの煮物や野菜の胡麻和えなどは卵パックを利用して冷凍しましょう。お弁当のストックを冷凍するときはぜひお試しください。

冷蔵庫と冷凍庫、どちらもできるだけ無駄なスペースをなくして収納することでよりわかりやすく、取り出しやすく、さらに省エネできます。