収納アドバイサーとは

整理収納アドバイザーという資格をご存知ですか。この資格は非営利法人であるハウスキーピング協会が主催しているもので、整理収納アドバイサーの資格取得者は全国に約83,534名います。

ハウスキーピング協会とは家事の社会的価値の向上を目的とした非営利活動法人で、家事のプロフェッショナルの育成に取り組んでいます。整理収納アドバイサーの他にも整理収納コンサルタントやハウスキーピングコーディネーターの資格の認定なども行っています。

整理収納アドバイザーとはいったいどのような資格なのでしょうか。最近ではブログなどで収納アドバイサーとして活躍する人も増え、注目を浴びている資格の一つです。仕事を持つ人も、そうでない人も、女性にとって家事はいつの時代も切り離せないものであるのでみなさん興味津々だと思います。

整理収納アドバイサーとはただ散らかっているものを片づけるだけでなく、なぜ散らかるのか?なぜ片付かないのか?ということを根本から考えさせてくれます。収納上手になることで無駄なものが減るという経済的なメリット、きれいな空間で暮らすという精神的メリット、すぐに探し物がみつかるという時間的メリットがあります。

整理収納アドバイサーには1級と2級があります。2級と1級の違いですが、2級では収納の基礎を習得し、自宅ですぐに実践したり、家族や友人にアドバイスすることができるようになります。1級ではさらに実践的な考え方やアイデアを学び、整理収納のプロとして活動することができます。

整理収納アドバイサーは自分が快適になるだけではなく、周囲の人も幸せにするという素敵な資格ですが、資格取得のためには資格試験を受ける必要があります。整理収納アドバイサーの資格は在宅でも取得することが可能です。自宅でテキストに沿って学習し、添削課題に合格すれば2級の資格を得ることができます。

さらに1級の受験資格も在宅学習によって取得することができ、最終的な1級試験は試験会場にてマークシート方式となります。整理収納アドバイサー1級に合格すれば、収納のプロとして仕事に生かすこともできます。

ハウスキーピング協会では、収納スタイリング大会や収納フェスティバル、収納コンペティションなど様々なイベントを開催していますので収納アドバイザーとしての実力を試す機会が与えられます。収納スタイリング大会では毎回テーマが与えられ、主催メーカーの商品などを組み合わせて収納プランを提案します。

収納プランが採用された場合には収納フェスティバルの企業ブースで作品の説明やPRをしていきます。企業とタイアップした企画が多く、収納アドバイザーとして認められれば仕事の幅も広がります。

人気の収納アドバイザーの中には開運やお掃除など収納アドバイスプラスアルファの情報を提供してくれる方も少なくありません。セミナーや講座を開催されている方も多いので、収納アドバイザーを目指している方は参加されてみるのもいいと思います。

整理収納アドバイサーは子育てなどが理由でフルタイムで働くのは無理だけど、自分の得意な分野で世界を広げたいと考えている方にぴったりな資格だと思います。いろいろな働き方があり、自分のペースで収入につなげることのできる資格だと思います。