とにかくごちゃごちゃキッチン周り!統一感を出すのがポイント

キッチンといえば、キッチン道具や鍋、フライパン、調味料や食品のストックなど家の中でも最もごちゃごちゃしやすい場所の一つです。まずは使わないものを処分することから始めましょう。調理器具の中でも同じようなものがいくつもあったり、賞味期限の切れた調味料や食品などももったいないからととっておいても場所をとるだけです。

普段は使わないというものはとりあえず戸棚の上の方に入れてしまう人が多いのですが、これではますます使わなくなるだけですので、もう何年も使っていないのなら思い切って処分しましょう。

キッチンにはおそらく様々な大きさの引き出しがあると思います。まず一番大きい引き出しは鍋やフライパン専用です。しかし、そのまま突っ込んでは収納できる数は限られてしまいます。まずは引き出しの底に引き出しが汚れないためのシートを敷きましょう。これは100円ショップで手に入ります。

フライパンは重ねるとかさばりますし、取り出しにくくなりますのでフライパンスタンド、鍋スタンドを利用しましょう。これはいわゆるプレートスタンドなどのフライパンバージョンでフライパンや鍋を立てて収納することができます。こうすることで限られたスペースを有効に利用することができます。

次に気になるのがタッパーなどの容器類です。タッパーにはたくさんの種類があり、形も大きさも様々です。いつの間にか増えていって、収納にも一苦労です。タッパーを収納するには100円ショップなどで仕切りやケース、バスケットを購入する、蓋と容器部分を別々に収納するなどの方法があります。

ベストな方法はやはり容器の大きさを統一することです。自分にとって使い勝手のいい大きさや形をいくつかに絞り同じものを使用することで重ねて収納することが可能になります。古いものや汚れたものは捨て、なるべく商品を統一すると収納しやすいです。

調味料も数が多く収納に困るものの一つです。よくおしゃれな収納術で挙げられているのが調味料ボトルのふたの部分を棚などの底の部分に固定して、瓶の部分を回して外して使用するというアイデアです。

これは見た目にもおしゃれですし、空間の空いた部分を使用することができてスペースの有効利用ができます。棚に穴をあけたくないという人は棚の底と調味料のふたに強力な磁石を取り付けてくっつけることも可能です。

調味料をすっきり収納するにはとにかくボトルを統一し、スペースを節約することがポイントです。袋入りの調味料や大き目の入れ物に入っているものも使いやすい大きさのボトルなどに詰め替えることをおすすめします。

カトラリーの収納にはカトラリーケースが絶対おすすめです。むしろカトラリーケースなしで収納できている方がいたら尊敬します。もちろんカトラリーケースでなくても、長細いケースにそれぞれフォークやナイフなどに分けて収納することもできます。中におしゃれな布などを敷いて、そのままテーブルに運んで使用することもできます。

引き出しに深さがある場合にはペン立てのようなものを利用してカトラリーを立てて収納することもできます。これはかなりスペースの節約になりますのでおすすめです。

キッチンの収納、上記以外にもあれはどうやってしまうの?これはどうやってしまうの?というものがあると思いますので、今後その他のキッチン道具の収納もご紹介できればと思います。