机の上をキレイにすれば仕事も捗る!デスク回りをすっきり整頓

会社のデスクや自宅のデスクはきちんと整理整頓されていますか。アインシュタインをはじめとする天才と呼ばれた人々はわりと机の上が汚かったそうですが、凡人はキレイに整理整頓するべきです。

一般的には机の上がキレイな人は仕事もできるという傾向にあります。そして、机の上がキレイな人は部屋がキレイ、洗濯物もきちんとたたみ、シンクが洗い物であふれているということもありません。

机の上の状態というのはその人の人となりまでも物語ってしまいます。他人もチェックしている机の上、整理整頓きちんと収納を目指しましょう。

まずは引き出しの中の整理整頓からスタートしましょう。引き出しの中にそのまま文房具を突っ込んでいては何がどこにあるかわからず取り出すのに時間がかかってしまいます。必ず使用したいのが多目的トレイやデスクトレイと呼ばれる仕切りのあるトレイです。

大小さまざまな形の仕切りがあるので、鉛筆やペン、テープやホッチキス、クリップ、ものさし、ハサミなどを取り出しやすく収納することができます。トレイではなくても、仕切りのあるボックスや小さめのボックスをいくつか個別に引き出しの中においても問題ありません。

まずは現在机の引き出しの中にあるものをチェックし、使用頻度などを確認し、どのような収納が使いやすいか考えてみましょう。またこれから買い替えたりする文房具があればあえてカラフルなものを選ぶと引き出しを開けた時にテンションがアップします。

次は人目にさらされる机の上です。机の上は限られたスペースの中に必要なものをすべておかなくてはいけません。そのためにはやはり収納ラックやファイルボックス、ファイルスタンドなどの手を借りたいと思います。

仕事に必要な書類をファイルトレイなどに無造作に次々と重ねていると、いざ必要になったときにどこにあるかわからず慌てるということになりかねません。もちろんいくつかファイルトレイを置きそこに入れることはいいのですが、ファイルの色を分けたり、ラベルを貼ったり、よりわかりやすく、取り出しやすくするとポイントが高いです。

次にどうにかしたいのが机の上のケーブルです。パソコンやデスクライト、その他電気機器のケーブルがごちゃごちゃしていて気になります。そんなときに役立つのがバインダークリップです。クリップを机の天板に挟んでコードを止めることでコードがからまったり、広がったりすることを防ぐことができます。結構実践している人も多いのでおすすめです。

根本的に収納スペースが足りないという場合にはデスクワゴンや机の上に取り付ける棚などを置くと収納スペースを増やすことができます。机の前や横に壁がある場合にはワイヤーネットやコルクボードをかけて予定表や書類を貼ったり、ウォールポケットなどをかけて小物類を収納するのがいいと思います。

これはおまけですが机の上にグリーンや写真立てを置いたりするのも好きです。余計なものを置いたらその分スペースが狭くなるじゃないか思う人もいるかもしれませんが、なんだか心のゆとりを感じることができます。