通気性も重要!かさばるものを入れたい押し入れ収納アイデア

最近では押し入れを作らない家も増えていますが、日本間や畳の部屋を作る場合には押し入れがあると便利です。押し入れは日本の主な収納方法としてその昔から活用されています。ただ、押し入れは上段と下段があるだけで、細かく仕切りがないので収納が難しいといった声も聞かれます。

収納が難しいと思われがちな押し入れもアイデア一つで無駄なスペースをとらず便利に活用することができるのです。押し入れを活用するためのポイントはそのままものを収納するのではなく、ラックや棚など押し入れの大きさにあった収納家具を使用することです。

まずは自分の家の押し入れの大きさを正確に測ること、そして何を入れるか決めることが大事です。そして無駄なくものを収納するためには空きスペースが出ないように、大きさの合った収納家具を用意しましょう。

押し入れはクローゼットに比べて奥行きがあることが多いので、衣装ケースやプラスチックチェストなども押し入れ用と書かれているものが使いやすい場合もあります。

押し入れの中に入れる収納家具は、プラスチックチェスト、衣装ケース、段ボール、布団収納袋や圧縮袋、バスケットなどがあります。シーズンものや常に必要ないものは段ボールや蓋つきの衣装ケースに入れて奥にしまいこんでも問題ありません。

毎日使う衣類は引き出し付きのチェストに、布団は普段開ける方の扉の前に置くようにすると出し入れしやすいです。押し入れ収納で気になるのが湿気です。梅雨の季節などは湿気がたまりやすいのですのこを敷いた上に布団を収納しましょう。

羽根布団など季節のものは湿気でカビがはえたり、匂いがついたりしないためにも、場所をとらないためにも布団圧縮袋に入れて保管するのがおすすめです。布団だけではなく、使わない座布団やクッション、枕、ダウンコートなども圧縮できます。

実はすのこは押し入れ収納に大変役立ちます。下段にものを収納する場合はすのこにキャスターをとり付けたものを使うと楽々出し入れすることができます。

衣類や布団などの大物が押し入れ収納のメインになると思いますが、細々したものを収納したいときも用途別に分けて、プラスチックケースに入れ、重ねて収納することでスペースを節約できます。

ネクタイ、バッグ、帽子、スカーフ、ベルトなどはワイヤーネットを押し入れの空いている壁にかけ、S字フックなどで吊るすと量が多くでもすっきりできます。突っ張り棒や突っ張り棚なども押し入れで活躍します。

しかし、押し入れの中を効率良く使うためには金属製の吊り棒を従来の横向きではなく、縦向きに着けるとスペースをより有効に使うことができます。縦に付けるとなると天井部分にしっかりとねじで固定しなければならないためほんの少し手がかかりますが、衣類をかけたいという場合には横づけよりもたくさん収納できます。

最後に押し入れってなんだかかっこよくない、もっとおしゃれにしたいという人におすすめなのが押し入れの戸を取り払ってカーテンを付けるというアイデアです。押し入れの上の部分にカーテン用のレールや突っ張り棒を取り付けて、好きな柄のカーテンをかければぐっと部屋の雰囲気が変わります。

以上のように押し入れ収納のポイントはずばり棚やラックを最大限に活用することです。