収納上手になったはずなのに再び散らかりだした!そんなときの対処法

収納アイデアや収納のコツについて情報を集め、自分なりに納得する収納ができあがったはずなのにいつの間にかまた以前のような乱雑な状態に戻っている、このような収納のリバウンドは実は起こりやすいのです。

収納家具を購入したり、収納雑貨ですっきり収納を実現したはずなのに気を抜くと何かが違う、、そんな経験ありませんか。それはおそらく収納の根本的な理念をわかっていないことが考えられます。

私は以前は来客というととりあえず誰も入らない自分のベッドルームに見られたくないものを詰め込んでいました。一見すっきりして、ゲストの方々はきれいな家ね、片付いていてすごいわ、とかいうのですがこれでは本当に収納できたということにはならないのです。

ただ見えないようにしただけで実際には何も収納されてはいません。収納の際にはたくさんのものたちがそれぞれの収納場所にきちんと収められ、使用したあと再び同じ場所に戻ることができなければならないのです。

収納が成功したと言えるためには使いたいものがどこにあるかわかりやすく、すぐに取り出せることが大切です。どこにいったかわからない、みつけにくい、とりだしにくいというのではよい収納とは言えません。

収納の根本的なことを理解できないまま収納しても、結局再び散らかってしまい収納のリバウンドになってしまいます。そうならないためにはいくつかポイントがあります。

リバウンドしないためには収納を100%にしないことです。たとえばクローゼットにものを収納するときには収納部分80%、空いている部分を20%にしましょう。そうすることで知らないうちにものが増えてもとりあえず空きの20%の部分に収納することができます。

しかし、空きの20%が0%になってしまう前に定期的に収納の見直しが必要になります。とりあえず無造作に入れたものや昔からあるものの中からもう必要のないものを処分していきましょう。常に言われていることですが1年以上使わなかったものは一生使わない可能性が高いのです。もったいない病を治すことも収納上手になるポイントの一つです。

ものを使ったらもとに戻すことも大事です。これはできれば一緒に住んでいる家族にも協力を呼びかけましょう。

床やテーブル、カウンターなどにものを置かないことも大切です。ついつい身近な場所においてしまうのですが、それは本来そこにあるべきものなのかどうか考えましょう。片づけるのが面倒だからというのが積み重なると、収納のリバウンドになってしまうわけです。

定期的に人を家に招くのも収納のリバウンドを防ぐためには効果的です。掃除や収納というのは繰り返すことで、手際よく短時間で行うことができるようになります。定期的に大掛かりな収納チェックは必要ですが、それ以外はこまめに片づけをするように習慣づければ二度とリバウンドが起こることはありません。

著名な収納コンサルタントなどが口をそろえていうのは、収納とは心を映す鏡でもあるということです。部屋がキレイに片付いている人はおそらく仕事ができ、その他の事柄に関しても丁寧に取り組むことができる人と言えます。

家がキレイであれば家族も幸せでその人の周りにも幸せのオーラが漂っていると思います。たかが収納と思わずに、収納は人生の一部と考えると収納リバウンドを防ぐことができます。