ネックレスがからまっちゃう!アクセサリーは丁寧に保管しよう

アクセサリーは付ける派、付けない派がいると思いますが、ネックレスやピアス、リングなどいつの間にか増えてしまうことが多いと思います。アクセサリーにも流行りがありますので、一部の高価なものを除いては、使わなくなったものを処分してすっきりすることもときには必要です。

アクセサリーは洋服や靴のように場所を取らないので収納は簡単でしょ、と思うかもしれませんが、鎖がからまったりすると使いたいと思ったときにほどけなくて慌てることになってしまいます。

アクセサリーは丁寧に宝石箱などに収納すれば見た目もきれいでテンションが上がります。どんな風に収納すれば使いやすいのかまとめてみました。

アクセサリー収納には実にいろいろなものを使うことができます。もちろんアクセサリースタンドと呼ばれる手の形や木の形をしたスタンドもあります。指や枝の伸びた部分にネックレスやリングなどをひっかければいいだけの簡単なものです。

ひっかければいいだけなので、公園で拾ってきた小さめの枝もアクセサリースタンドになります。花瓶などに入れて立たせればアクセサリーをかけるのに最適です。ちょっとしたDIYができる方は、枝をカラースプレーでゴールドやシルバーに塗ってもおしゃれです。

ショップなどで使用されているピアススタンドを使えば大量のピアスも見やすく、また傷がつかないように並べて保管することができます。店舗用ですが、ネットでも売られていますので手に入れることができます。

アクセサリーを壁にかけて収納するには、コルクボードに可愛い画鋲を刺してそこに吊るす方法がよく使われています。これなら手持ちのアクセサリーに合わせてスペースを有効に使うことができます。

コルクボードでなくても、空のフレーム枠に横棒を通してそこにひっかけることもできます。ホワイトボードにマグネットでも問題ありません。

壁掛けに適さないリングやブレスレットなどは型紙を筒状にしてそのまわりに布をまけば、そこに通して保管できますし、すっきりします。お気に入りのファブリックを巻けば見た目も素敵です。

その他にもアクセサリー収納に変身させることのできるものはたくさんあります。引き出しの中やドレッサーの上など平置きで保管する場合にはピルケース、アイスキューブ、卵パック、カトラリーケース、小皿、ビーズを入れる円形のクリアケース、ケーキスタンドなども活用できます。

色やデザインがちょっとおしゃれなハンガーがあればそこに吊るしても素敵です。私がとくに気に入ったのは大きめの板を好きな色に塗り、そこに様々な形やデザインのドアノブをランダムに取り付け、アクセサリーをかけるというアイデアです。板をペイントして、取っ手を取り付けるだけならDIY初心者にとっても難しくないと思います。

とにかく簡単にという人は小さめのポケットがついているウォールラックをいくつかつなげて壁にかけ、そこにアクセサリーを収納するという方法がおすすめです。クローゼットの扉が開閉式なら扉の内側にウォールポケットをかければ、スペースも有効に利用できます。

せっかくおしゃれをしても、目当てのアクセサリーがみつけらない、鎖が絡まって外せない、などということにならないようにアクセサリー収納はすっきりおしゃれにがポイントです。